東洋医学の脈診から得られる情報とは

本田龍一鍼灸院

045-744-8827

〒246-0031 神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4-11-5 エスポワール1F

診療時間 午前:9~12時/午後:14~18時 ※金曜日は、往診のため17時までとなります
※18時以降の診察につきましては電話にて御相談ください。
休診日 月曜午前・木曜終日・日曜午後

東洋医学の脈診から得られる情報とは

スタッフブログ

2018/09/29 東洋医学の脈診から得られる情報とは

こんにちわ。

前回の続きで、今日は脈診で何を診ることが出来、そこからどんな情報が得られるのかを簡単にお話ししたいと思います。

 

まず、脈が浮いているか沈んでいるかを診ます。

これは病の存在する場所を判定します。

浮いていれば病は陽経に、沈んでいれば病は陰経にあることを表します。

『陽経、陰経というのは、体中を気が巡っている道を経絡と言い、経絡には陽の経絡と陰の経絡があり、陽の経絡を陽経、陰の経絡を陰経と呼びます。』

 

次に、脈が速いか遅いかを診ます。

速い脈は熱を表し、遅い脈は冷えを表します。

例えば、サウナに入っている時はトクトクトクと速く打ち、その後水風呂に入ると、トクン トクンとゆっくりになるのが良くわかりますので、機会があればご自身の脈で確かめてみてください。

 

最後に、脈の虚実を診ます。

虚脈は、充実感がなく弱い脈で、体の生気が不足していることを表します。

実脈は、気が旺盛で引き締まった脈で、邪気と戦いが激しいことを表します。

 

更に、脈からは五臓六腑の働きを診ることが出来ますので、これらを駆使して状態を把握し治療につなげるのです。

 

脈診は非常に精度が高く、熟達していくと更に多くの情報を与えてくれます。

 

脈を診ただけで、その人が愛煙家かどうか、妊娠しているか、検査で数値に出ていない病が隠れていないか等も分かるようになり、更にその人の性格まである程度予測が出来るようにもなります。

 

東洋医学ならではの奥が深い診察法ですよね!

 

 

本田龍一鍼灸院

電話番号 045-744-8827
住所 〒246-0031 神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4-11-5 エスポワール1F
診療時間  午前:9~12時/午後:14~18時
※金曜日は、往診のため17時までとなります
※18時以降の診察につきましては電話にて御相談ください。
休診日 月曜午前・木曜終日・日曜午後

TOP